北海道の測量・設計、地図作成日測技研

日測技研株式会社

T.P東京湾中等潮位「とうきょうわんちゅうとうちょうい」

地表面の標高、すなわち、地表面の海面から高さを表す場合の基準となる水準面が東京湾中等潮位であって、記号としてT.P(TOKYO Peil)を用います。
 東京湾中等潮位は、明治6年6月10日から明治12年11月21日まで隅田川河口の霊岸島量水標で観測した結果から求めた平均潮位をTP±0と定め、それを絶対的に固定するため確固不動の固定点に標示したものが水準点であって、現在の原点は国会議事堂前の尾崎記念館南にあり、T.P24.414です。国土地理院の図面の標高は、T.P上の高さで標示してあります。

掲載希望用語、調査依頼用語・ご質問等ございましたら、お問合せフォームよりご連絡ください。

お問合せへ

日測ビル

日測技研株式会社

札幌市中央区南19条西16丁目3-1
日測ビル ※市電「ロープウェイ入口」電車停留所下車 徒歩5分
※バス「南19条西16丁目」バス停留所下車 徒歩1分
※JR札幌駅よりタクシーでおよそ20分

お問い合わせ・ご相談はこちらから※お電話・FAXまたはメールフォームにて受け付けています

  • 011-561-7651 平日8:30〜17:30
  • 011-561-7902 24時間受付

Copyright (C) Nissokugiken Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP