北海道の測量・設計、地図作成日測技研

日測技研株式会社

既往最大洪水流量「きおうさいだいこうずいりゅうりょう」

ある河川において水位や流量が観測されはじめて以来最大の洪水流量をいい、降雨量から流出量への変換計算がむずかしく、一般的ではなかったころは河川の計画にもこの既往最大洪水流量が使われていました。現在でも計画高水流量を決めるときに、既往最大洪水流量は重要な意義をもっています。


掲載希望用語、調査依頼用語・ご質問等ございましたら、お問合せフォームよりご連絡ください。

お問合せへ

日測ビル

日測技研株式会社

札幌市中央区南19条西16丁目3-1
日測ビル ※市電「ロープウェイ入口」電車停留所下車 徒歩5分
※バス「南19条西16丁目」バス停留所下車 徒歩1分
※JR札幌駅よりタクシーでおよそ20分

お問い合わせ・ご相談はこちらから※お電話・FAXまたはメールフォームにて受け付けています

  • 011-561-7651 平日8:30〜17:30
  • 011-561-7902 24時間受付

Copyright (C) Nissokugiken Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP